ボクシング漫画のはじめの一歩などの話をします

ボクシングの漫画で、わりと長く続いていたはじめの一歩という漫画があります。続きを読むのが、当時の自分にとっては楽しみな漫画の中の一つなのでありました。登場人物で主人公は一歩なのですが、高村守とか、木村とか、青木とか、不良高校生三人組とか選手で千堂武、真柴了、宮田一郎とか、ホワイトファングを出す選手などもいました。ボルグザンギエフという選手もいたと思います。鴨川ジムなどで、一歩はトレーニングをして鍛えたりしていました。シャドーボクシングとか宮田一郎とスパーリングなどをしたりもしていました。スパーリングとは練習試合のようなものだと思います。ようなものではなくそうなのかも知れません。川の近くを走っている場面もありました。高村さんなどもいっしょの時もあったと思います。一歩のコーチもしていて、選手としての活躍もあったと思います。耐久力をつけるためですね。英語だとスタミナだと思います。ボクシングジムにはおじいちゃんのコーチもいました。厳しく出来が悪いとすぐに怒るのが特徴的でした。キレイモ 全身脱毛

夏場のゲリラ豪雨は本当に勘弁してほしいですし、なんとかならないかと考えてしまいます。

夏場のゲリラ雷雨は本当に勘弁してほしいです。
天候が不安定と言われると、前日からビクビクしてしまっています。
なんなら、今回は月末から不安定になると言われていたので、1週間ほど前からビクビクしてしまっていました。
今日が来なかったらいいのにと何回も願ってしまいますね。
雷の音は昔から苦手すぎて仕方ありません。
なので、とりあえずできる限りの対策はしようと、洗濯は早めに終わらせて、洗い物だったりもできるだけ早く終わらせているのですが、
それでも大丈夫かなと不安で不安で仕方ありません。
多分精神科に行った方がいいかなと思うほどなので。
それで、夏は本当に嫌な季節になってしまいました。
夏なんて来なかったらいいのにと何回も思ってしまいます。
とりあえず、このゲリラ豪雨が起こらないように、あらかじめ雨雲を減らすようにしたり、
縦に伸びている雨雲をなんとか横に薄く伸ばす方法があればいいのになと考えたりしています。
私が生きているうちにそんなことは可能なのかなと期待しつつですが。